お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

あれから4年。 


 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

先日からFacebookの更新を始めたのですが、

「トゥモローさんがFacebook更新してくれてうれしいです!」

なんて光栄なコメントをいただき、

ありがたやありがたや〜、でございます。m(_ _)m

このメールで書いているものと別の、

オリジナルの記事を書いているので、

良かったらフォローしてくださいね。( ´ ▽ ` )ノ

『トゥモローのFacebook』
https://www.facebook.com/tomorrow10yen

 

 

 

 

あれから、4年。

 

 

 

 

■さて。。。

昨日は3月11日。

東日本大震災から、早いもので4年が経ちました。

 

ID-1007375

 

1万8千人以上の方が亡くなる、

未曾有の大災害。

幸いなことに、ボクの身近な人間には、

犠牲者はいませんでしたが、

あのときの衝撃は今も忘れていません。

 

 

■こういうときには、改めて

「生きるってなんなんだろう?」

ということを考えます。

生きるって、めちゃくちゃ理不尽だな、と。

だって、誰もが
「気づいたら生きてる」わけです。

始めよう!と思った瞬間は無くて、

あるとき気づいたら始まってる。

それが人生ですよね。

 

 

 

 

理不尽な、この世界。

 

 

 

 

■ボクらはこの世界に理不尽に生み落とされて、

他人の決めたルールに振り回される。

それになんとか対処しようとして、

打ちひしがれて、

でも懸命に生きて行く

それでもこの世界は、

そんなボクらの命を、

災害という形で、唐突に終わらせる。

大切な人の命を奪っていく。

 

 

 

■でも、ボクは思うのです。

去年、ボクをかわいがってくれた

母方のおばあちゃんが亡くなった時、

「お葬式って、生きている人のためにやるんだな」って。

ボクらがしっかりとお別れをして、

前を向いて生きて行くために、

『けじめ』をつけるためにやるのがお葬式なんだな、って。

そのときにふっと思ったんです。

「『死』には意味がある」って。

そして、『死』に意味がある以上、

その逆の『生』にも、意味があるんだなって。

 

 

 

 

ボクらに何かを伝えるために、この世界はあるんだ。

 

 

 

 

■世界はボクらを、

意味もなく理不尽な目にあわせているわけじゃない。

なにかを伝えたくて、

なにかを学ばせたくて、

なにかをボクらの魂に刻み込ませたくて、

この世界があるんじゃないか、って。

そう思うんですよね。

 

 

■そんなことを考えながら、

黙祷をしたいと思います。

犠牲者のみなさまの、

ご冥福をお祈りします。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.