お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

規制概念は、気づかないから規制概念である件。 


 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。
今日は、ちょっとお知らせがあります。
まずは、ボクが昨日お昼に書いた、

Facebookの投稿があるので、

ちょっと読んでみてください。
ボクが10年前に読んでいた、

『予言の書』を紹介してます。

 

 

 

まさに予言!村上龍著「希望の国のエクソダス」

 

 
(ここから)
=========

【10年前に発行されていた『予言の書』を紹介します】

朝はいつも、自宅近くのスタバで
ラテを飲みながら作業してます。( ´ ▽ ` )ノ

ひと段落終えたので今は読書中。

いま10年ぶりに読んでいるのが、
村上龍著
「希望の国のエクソダス」という小説です。

2002年に発行された本ですが、
まさに今の時代性を予言しているかのような本で、

「イスラム国」問題も予期していたかのような内容です。

14歳の中学生が、北海道に地域通貨を作り出し、
独立国家を設立しようとする話です。
ちなみにファンタジーではなく、キッチリとした取材と、
豊富な経済的知識のバックボーンで書かれているので、
かなり面白い。

当時大学生だったボクは、
「国家って、つくれるんだ」
という事実に、ただただ驚きながら読んでいました。

主人公の年齢は35歳。
つまり、旧来の日本的価値観を通して彼らを見ていく構成になっていて、
いかにワカモノに、古い価値観が受け入れられていないかが、
非常に鮮やかに描かれています。

事の発端は、2001年、パキスタンで起こります。
アフガニスタンとの国境付近で、日本人の少年が地雷で負傷します。
内戦の状況を取材していたCNNが、偶然付近にいあわせ、短い映像が報道されます。

CNNのクルーが、その地域の部族である「パシュトゥーン」の長にインタビューをすると、
『彼も日本人だ』と紹介されるもう一人の日本人少年が画面に映ります。

彼はサングラスをつけ、イスラム独特の短い円筒形の帽子をかぶり、
現地の衣装を着て、そして肩には銃をかけています。
クルーが「日本人ですか?」と問いかけると、
「かつては日本人だった」と、英語で返答します。

映像を見る限り、
少年はパシュトゥーンの大人たちから「部族の一員」として扱われ、
完全に溶け込んでいます。

クルー「なぜ君がここにいるんだ?」
少年「この先の谷には数万発の地雷が埋まっていて、誰かが除去する必要がある、われわれの部族がそれをやっている」
クルー「日本が恋しくないのか?」
少年「日本のことはもう忘れた」
クルー「忘れた?どうして?」
少年「あの国には何もない、もはや死んだ国だ、日本のことを考えることはない」
クルー「この土地には何があるんだ?」
少年「すべてがここにはある、生きる喜びのすべて、家族愛と友情と尊敬と誇り、そういったものがある、われわれには敵はいるが、いじめるものやいじめられるものがいない」

最後に「なにか日本語でしゃべってくれ」と言われ、少年は
「ナマムギ、ナマゴメ、ナマタマゴ」と答えます。

この映像が日本に流れて数日後、10代のワカモノ20数人が、パキスタンに渡ろうとして、空港で保護される事件が起きます。
その少年は「ナマムギ」と呼ばれるようになり、このナマムギの存在が触媒となって、
日本中の中学生・高校生が、インターネットを通じてネットワークをつくり始め、
それが大きなムーブメントになっていくのです。

まだ読み始めたばかり、30ページほどですが、すでに面白い!\(^o^)/
オススメです!

==========
(ここまで)

 

 

 

自分が気づかないうちに、既成概念にとらわれている。

 

 
■ボクはこの本を読むまで、

「国家」とは、そこにあるもの、

だと思っていました。

 

ID-100221225
あまりにも当たり前すぎて、

自分の認識している「世界」の中の、

無条件の『前提』であって、

「ある」とか「ない」とかすら、

考えたことがないものでした。
でも違うんです。
国家だって、法律だって、お金だって、

すべては誰かが「任意」に取り決めたものなんです。
なんらかの『優先されるべき事情』に基づいて、

暫定的に『そういうことにしておきましょう』、

というものに過ぎないんですね。
実際、地球上には、

「無政府状態」の地域なんて、

山ほどあるわけですから。
■こういうものを規制概念と呼びます。
既成概念の怖いところは、

「自分が既成概念にとらわれている」ことに、

気づけないところです。
^^^^^^^^^^^^^^^
気づいていないからこそ、

『既成概念』なんです。
ボクら大人は、

「若い子が、受験に失敗して自殺した」

なんて話を聞くと、

「なんでそんなもったいないことを」
「受験に失敗したくらいで死ぬことはないのに」

と思いますよね。
■でも、当の本人はそういうふうに考えない。
その視点そのものがないから、

最悪の選択をしてしまうわけです。
彼の世界の中では、

「自分の価値を測るところの『受験』」

というものが絶対化されていて、

その世界で受験に失敗すると、

『自動的』に「自分は価値がない」

ということになる。
受験に失敗しても幸せな人はいる、とか、

がんばった経験は自分の糧になる、とか、

そういう視点そのものがありえない。
こういうことが、

『既成概念にとらわれている状態』です。
そして悲しいかな、

多くの場合、「常識」と呼ばれるものが、

既成概念としてボクらをしばります。

 

 

 

 

リーダーになるために、既成概念を外して非常識を目指せ!

 

 
■もしもあなたが

「自由になりたい!」

と思っているなら、

いい意味で『非常識』な人にならなくてはいけません。
規制概念を外さなくてはいけない。
なぜなら、

ありきたりで凡庸な人は、

ありきたりで凡庸な人生を送ることになるからです。
どれだけ自分の中の既成概念を見つけ出して、

外していけるか。
これを繰り返すことで、

ありきたりで凡庸な人間が、

「非常識で、とがったリーダー」

になっていくのです。
■(ここからがお知らせなのですが)
で、今週からクラスが始まった、

「自然体リーダー育成7ヶ月集中ビジネスクラス」

の中で、

「あなたの規制概念をひとつひとつ検証し、
ていねいに取り外していく動画」

をシリーズでお届けすることになっています。
実はこのシリーズ動画は、

これ単体でセミナーシリーズにしようと思っていたのですが、

『リーダーに必要な訓練だろう』

ということで、

特典でおつけすることにしました。
■このクラス自体は、

すでに募集を終えたのですが、

『シェア会コース』という、

一番経済的な(=安い)コースが、

定員まで若干の空きがあります。
このコースは、本編セミナーの内容を、

ライブ受講コース・動画受講コース

のメンバーから聞けるコースで、

リーズナブルで手が届きやすいコースです。
上記の特典もつきますので、

実は非常に価値あるコースなのです。
実は、クラスには人数が十分集まっているので、

再募集はしなくてもいいのですが、

シェア会の人数バランスを整えるために、

というお知らせです。

 

 

 

 

特別に、人数限定の追加募集をします。

 

 

 

 

■ということで、

限定5名でシェア会コースメンバーを募集することにしました。

「Facebookでもっと『いいね!』が欲しい」
「ありきたりな人から卒業したい」
「自信を持ってコンセプトを伝えたい」

という方のためのコースです。

ライブ受講コースの場合、

月額は3万円ですが、

シェア会コースメンバーは、

月額1万円です。
さらに今回の追加募集期間に申し込んでくれる人は、

月額たったの8,000円で受講できます。
元々3万円の情報が、

8,000円で手に入るチャンスですので、

お見逃しなく。

まだ詳細を読んでいない方は、

ぜひ読んでみてください。( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

自然体リーダー育成ビジネスクラス◎詳細はこちら

 

 
━━━━━━━━━━━━━━━

【限定5名追加募集!】

あなたにしかできない価値を発信し、
愛されながら稼げる人になるための
【自然体リーダー育成7ヶ月集中ビジネスクラス】

(シェア会コースのみ)

=========
◎詳細はこちらをクリック
→http://abzjz.biz/brd/archives/uclpwo.html

◎お申し込みはこちらをクリック
→https://55auto.biz/jlm0212/touroku/7bc.htm
=========

━━━━━━━━━━━━━━━

それでは。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.