お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

『目の前で強盗を見ました』と『チャンスはあふれている』


 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

昨日は1日中、

マニラの中の歌舞伎町にあたる、

マラテでビジネス視察をしていました。

マラテはマニラ首都圏屈指の繁華街で、

おいしいレストランから飲み屋、

老舗のカフェ、クラブ(こっちでいうとディスコ)、

女の子がいるようなお店まで、

ズラ~っと揃っている地域です。

 

 

目の前で強盗を見ました。

 

■その分、路上生活者も多く、

スリや強盗もよく起こる地域です。

ボクのように日本人を見つけては、

あやしげな何かを売ろうと話しかけてくる人がいる、

エキサイティングな街でもあります。笑

昨日は、目の前で韓国人カップルが、

スリにタブレットを盗まれて、

ボクの目の前を追いかけっこして、

走っていくのを見ました。笑

いやー。本当にエキサイティング。(;´Д`A笑

ID-100150765

 

 

■もしもアジア諸国でスリにあったり、

なにかをひったくられた時に、

深追いするのはやめましょう。

彼らは自分たちの根城の方向に走っていくので、

仲間がたむろしているところに逃げ込まれて、

もっと危ない目にあうかもしれません。

タブレットひとつで済むなら、

諦めるほうがいいですね。

身体や命の方が大切ですから。( ´ ▽ ` )ノ

昨日の場合は、

韓国人カップルだったので、

女性が
「オッパ~!オッパ~!」(おにいさん!おにいさん!)

と叫んで、必死に止めていました。

 

 

■スナッチャー(強盗犯、スリ犯)は、

カップルを狙います。

バレたときに、女の子が止めるからです。

女性はそういう瞬間は、

現実的ですし、怖いから止めます。

それもスナッチャーの戦略なんですね。

男だけだと、闘争本能に火がついちゃって、

追いかけちゃいますからね。(;´Д`A

向こうもできれば追いかけて欲しくないわけで。

 

 

■あ、ちなみに、

カップルといっても、

韓国人とフィリピン人のカップルだったりすると、

あまり狙われないそうです。

同じ国の人だと

「かわいそう」っていう気持ちが出るんでしょうね。

それに警察に追跡される危険もあるので、

外国人カップルが手頃、

というわけです。

 

 

強盗を見て思ったこと

 

■なぜ、今日デンジャラスな話を書いているかというと、

これこそが経済発展の鍵だよなー、

と思うからです。

彼らだって犯罪をしたくてしてるんじゃないわけです。

それしか食っていく道がないんです。

この国では、スターバックスで

ラテを一杯買うお金があれば、

家族5人全員が飯を食えるわけで。

それなのに食えない。

何日も飯を食えないなんてことはよくある。

 

 

■大学を卒業していない人は、

就職するのが本当に難しいそうです。

就職するのが難しいから、

おカネが稼げない。

稼げないから、子供がいくら成績が良くても、

親の経済状況のせいで大学に行けない。

大学に行けないから就職できない。

だからその子供も・・・。

こういうスパイラルの中にいるわけですね。

問題は「頭の良さ」や「努力」ではなく、

『貧困』なわけですよね。

 

 

■スリを追いかけていく

韓国人カップルを見ていて、

戦後の日本人が、どんな想いで

必死になって働いてきたのか、

なんとなくわかった気がしました。

『貧困』を抜け出して、

豊かになりたい。

家族にうまいものを食わしてやりたい。

雨風をしのげるまともな家を用意してやりたい。

子供にまともな教育を受けさせてやりたい。

そういう想いが、

日本をこれだけの経済大国に押し上げたんだなあと。

 

 

チャンスはあふれている

 

■今の日本に住んでいて、

『どうしようもないもの』なんて、

ほとんどないと思います。

誰でも携帯を持っているし、

目的もなく大学に行けて、

情報は無料であふれていて、

会社をつくるのだって誰にでもできる。

今よりも良くなろうと思ったら、

それに必要なすべてが揃っている日本って、

奇跡みたいな国なんですよね~。

 

 

■人間は、すでに持っているものの価値って、


なかなか感じられないものなんですよね。

「失って初めてわかった」

なんてこともあると思いますが、

それも同じことですよね。

自分の今の環境を、

ひとつひとつ見てみて、

感謝をしてみることで、

もしかしたら自分でも気づいていない、

『あなたの可能性』を

感じることができるのかもしれません。( ´ ▽ ` )ノ

チャンスはあふれてますよ。

本当に。

 

 

追伸:

今はLCCのおかげで、

アジア方面に行く人も多いと思うので、

なるべくスリや強盗にあわない方法も

伝えておきますね。

まずは服装です。

昨日の韓国人の男性は、

サンダルを履いてました。

当然スナッチャーから見れば、

「あいつと追いかけっこしても勝てるな」

と思いますよね。(;´Д`A

繁華街を歩くときは、

なるべくスニーカーを履きましょう。

あとはマラテのような繁華街には、

男性二人以上で行くこと。

どうしてもカップルで行くなら、

十分注意することです。

おそらく、そのカップルは、

コンビニの中でご飯を食べながら、

タブレットを使っていたんだと思います。

外から見たら格好の餌食ですよね。

出てきたときに後ろからやられたんじゃないかな、と。

あと、これは基本ですが、

バッグのチャックをしめること。

サイドバッグは後ろではなく、

前に下げること。

あとは、現地人っぽい格好をすることですね。

旅行者丸出しはよくありません。

高城剛さんは、

地元の新聞を買って手に持って歩く、

なんて言ってました。

なんにせよ、相手はプロなので、

狙われたら防ぐのは難しいです。

(一人が注意をそらして、背後からもう一人が狙ってきたりします)

大事なのは、

『そもそも狙われないようにする』

ことですよ。( ´ ▽ ` )ノ

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.