お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

スパイの情報源。


 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

ボクがよく受ける質問に、

「どこで情報収集をすればいいですか?」

という質問があります。

今日は、ボクがどこで情報を仕入れて、

どのように情報を処理しているのか、

について、お話ししたいと思います。

 

スクリーンショット 2015-11-14 20.01.45

 

 

スパイの情報源とは?

 

■世界の国には、諜報機関が存在しています。

例えばアメリカならCIA

イギリスならMI6

イスラエルならモサドですね。

これらで働いている人を、

「スパイ」と呼んだりもするわけですが、

では彼らの情報源ってなんだと思います??

ミッションインポッシブルや007のように、

・敵の施設に潜入??

それとも、

・要人を誘拐して聞き出す??

 

 

■実は、諜報活動をする人(スパイ)の、

99%の情報源は、

「新聞」と「テレビ」Σ(・□・;)

なんだそうです。

驚くことに彼らは、

これらのありふれた情報の中に隠された、

「最も重要な情報を抽出して、読み解く」

ことができるんですね。

残りの1%は、軍事機密くらいのもので、

こればっかりは人脈がないと

手に入らないそうですが、

それ以外の情報はテレビか新聞から仕入れているのです。

 

 

■実際、インテリジェンスのプロの話を聞くと、

新聞に載っている、たったひとつの写真から、

「こんなことまで分かるの!?」

というくらいの大量の情報を

読み取っているんですね。

なぜ彼らはこんなことができるんでしょうか??

なんと彼らは「情報を読み取る」ための

特別な訓練を受けているからなんですね。

つまり問題は、

×「情報源」ではなく、

◎『情報を読み取る力』
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
なんですね。

 

 

情報を読み取る力を身につけよう。

 

■実はビジネスで

うまくいっている人も同じです。

書籍やメールやマガジンなんかから

情報を得ているのは、同じ。

特別な情報源を持っているのではなく、

『情報を読みとる力』

持っているんですね。

つまり、「同じもの」を見ていても、

『全く違うものが見えている』わけです。

 

 

■ボクは父が起業家で、

父の影響でビジネスを始めたのですが、

ボクが父の会社で下積みをしていたとき、

徹底的に言われたのが、

「事実をしゃべれ」

というものです。

 

 

■例えば、父に、

「いまこの商品めっちゃ人気なんだよね」

と言うと、

「1日何個売れるんだ?」

と聞き返えされるんですね。

これで答えられないと、

「『事実』と『印象』は違う。
印象ではなく、事実でしゃべるようにしろ」

と言われるんですね。

 

 

■ほとんどの人は、

印象でものをしゃべり、

印象でものごとを考え、

印象で判断をしています。

「あのお店いまめっちゃ人気だから、

ウチの店でもあの商品を真似すれば、

たくさん売れるはず」

これは失敗するに決まってますよね。

そもそも事実に根ざしてないわけですから。笑

 

 

■今日からぜひ、

×「すごい売れてる」
×「みんなやってる」
×「あの人は成功している」

という言葉の使い方を

やめてみてくださいね。( ´ ▽ ` )ノ

◎数字を使う。(◯個売れてる)
◎印象ではなく、具体的に話す。

ようにしてみてください。

それだけで、世界の見え方が

おもしろいくらい、全く変わりますよ。( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

■今日のメールの内容は、

ステップ4
「『真実』を見つける情報処理術」

というタイトルで、

オンライン講座の中でお話ししています。

12ステップともに、

セミナーを一本受講した以上の濃さで

お届けしています。

ぜひ詳細確認してくださいね。( ´ ▽ ` )ノ

 

━━━━━━━━━━━━━━━
「世界に一つだけの花」になるための
『自分軸』をつくる12のステップ
3ヶ月集中オンライン講座

========
◎詳細はこちらをクリック
→ http://abzjz.biz/brd/archives/krmwzs.html
========
━━━━━━━━━━━━━━━

それでは。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.