お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

デュアルライフ。


 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

マニラにてairbnb用の新物件ということで、

4件の契約を済ませました。( ´ ▽ ` )ノ

かなりいい物件が見つかったので、

これからが楽しみです\(^o^)/

 

 

自分の拠点を世界中に持つ。

 

■さて。。。

今日は

「デュアルライフ」について。

スクリーンショット 2016-01-20 18.22.09

ボクが大好きな「さかなくん」の言葉があります。

それは、

「魚の世界では大きな海で過ごすとみんな仲良くしますが、
小さな水槽に入れると途端にイジメが生まれるんです。
イジメをする人は、生きている世界が狭いのかもしれませんね」

というものです。

ボクは非常にこの一言に、

説得力を感じるのです。

 

 

■ボクは世界を広げていきたい。

好きな時に旅行をするとかではなく、

自分の拠点を世界中に持ちたい。

高城剛さんが、離婚騒動で叩かれた時、

メディアは彼をつぶそうと圧力をかけましたが、

彼は大きな風評被害を受けなかった。

なぜなら、

「海外に拠点があるから」です。

 

 

■人は、自分の世界の内側でしか争いません。

周りから見て、

「アウトサイダーだ」と思われてしまえば、

圧力は及ばないものです。

彼はこれに触れて、

著書の中で

「移動をし続けるのは、現実的な処世術なんだ」

ということを語っています。

ボクもこれに同意します。

 

 

デュアルライフという生き方

 

■海外にもうひとつ拠点を持つことを、

『デュアルライフ』と言います。

本田直之さんや、四角大輔さんが有名ですね。

ハワイと日本、ニュージーランドと日本で、

デュアルライフをされています。

デュアルライフの利点は、

「二つの生き心地を体験できること」

 

 

■海外に旅行に行くと、

体内時計が変化しますよね。

ゆ~っくり時間が流れたり、

エキサイティングな時間が増えたり。

ボクの場合、マニラの街中に広がる、

「これから伸びるぞ」という雰囲気、

そのポテンシャルに触れると、

めちゃくちゃワクワクするんですよね。( ´ ▽ ` )ノ

 

 

■完成された日本と、

未完成のマニラ。

この2つの間を行き来する生き心地というのは、

ほとんどの人が体験しないもの。

いやいや、いい人生を生きているなあと思います。( ´ ▽ ` )ノ

これから、海外の拠点をどんどんつくって、

「世界ノマド」ライフを満喫したいと思います。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.