お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

ライバルなんていないほうがいい。


 

 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

すでに3週間ほど海外にいるので、

週刊少年ジャンプの続きが気になっています。笑

やっぱりジャンプは紙媒体で読まないとね、

という謎のこだわりがあるので、

ネットでは読まず、

帰ってから読みたいと思います。( ´ ▽ ` )ノ

 

 

息の長いビジネスをするなら

 

スクリーンショット 2016-01-31 20.01.14

■さて。。。

今日は短めに。

ビジネスをやるなら、

「需要があるのに、
みんなが(面倒くさがって)やらないこと」

をテーマにすると良いです。

息の長いビジネスができます。

 

 

木坂健宣さんで言えば、

「哲学書を読む」というジャンル。

爆発的な需要があるわけじゃないけど、

必ず一定数の需要があります。

「難しい人生の指南書を読み解きたい」

という気持ちって、

一定の人は持ちますから。

しかも、それをビジネスとしてやっている人は、

他にはいません。

そんなのやってるの、大学くらいですもんね。

 

 

「無敵」とは

 

「無敵」の意味は、

×もっとも強いではなく、

文字通り、
◎敵がいない(=ライバルがいない)

状態です。

あなたしかできないものを、

いかに作るかが大事なわけですが、

それは、

「すごい人になる」ではなりません。

それは「もっとも強い」のほうの道です。

大事なのは「敵がいない」ジャンルを見つけ出すこと

だったりします。

 

 

■ボクがいまフィリピンに来ているのは、

「アジアの勢い」という点で、

この国にどれだけコネクションがあるか、

というのは明らかに10年後に強みになります。

しかも、アジア攻略は、

めんどくさがって誰もやらない。

・ネットを使って『マーケティング』ができて、
・日本とアジアをリアルにつなげる人、

なんて言ったら、

完全に「無敵(=ライバルがいない) 」状態です。

 

 

■ボクは競争が嫌いなので、

こういうことを考えて行動してます。

ライバルなんてないほうがいいですよ。

嫉妬もなければ、焦りもない。

幸せにビジネスができます。( ´ ▽ ` )ノ

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.