お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

スティーブ・ジョブズは言いました。


 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

スティーブ・ジョブズは言いました。

「点と点を前もって結びつけることはできない。
振り返ったときに初めて、点と点がつながっていたことを知れるんだ」

起業をするときに、

先のことまですべてを見据えることはできません。

「3年後に、どんな商品を、いくらで、どういうパッケージで売っているのか」
「販売方法はこれで、こういうマーケティングでいこう」

なんていうのは、やっていった先に

『出来上がってくるもの』だったりします。

前もって、先に『それ』を知ることはできません。

 

スクリーンショット 2016-02-05 04.21.26

 

 

まだ見えていないもの、を信じる力

 

■会社員のときの自分は、

起業したいなあと思った時、

「誰も雇わず、誰にも雇われず、自由に生きて行く起業」

なんて概念は、頭の中にありませんでした。

でも、とりあえず学び始めたし、行動し始めました。

自分が出せる範囲で自己投資を始めて、

「時間」と「お金」と「意識」を、

そちらに集中していった結果、

偶発的な、ありがた~い出会いの中で、

『そんな生き方があるのか!』

と初めてイメージできるようになりました。

繰り返しになりますが、

初めからイメージすることはできなかったです。

 

 

■あなたの未来は、

「あなたのイメージの外側」にあります。

『今はまだ見えないけど、この先にきっとある』

それを信頼できる人だけが、

行動を始められるんだと思います。

 

 

ボクだって、今後の事は分からない。

 

■20歳で、大学でサークル活動を

思いっきり楽しんでいたボクは、

「34歳のボクが、マニラからこうやって
たくさんの人にあてたメールを書いている」

なんて想像もしてませんでした。

3年前に、メンターの福井さんに誘っていただき、

始めて自分でチケットを取って、

セブ島に遊びに行くまで、

「世界を旅したい」なんて

これっぽっちも思ってませんでした。

 

 

■いま展開しているairbnbも、

1年半前には、その名前も知りませんでしたし、

airbnbを始めた時には、

まだ英語もしゃべれませんでした。

去年の2月にマニラに来るまで、

自分がマニラでデュアルライフをすることも、

これっぽっちも想像していませんでした。

 

 

■そして、これから先、

ボクがこのメールをやめた先、

なんのビジネスをやるのかも、

今のボクには分かっていません。

マニラではairbnbをやってはいますが、

ここでairbnb屋さんになったわけではありません。

 

 

■こちらで収入の基盤をつくるために、

自分が一番得意なことでこうやって仕事をしてるだけ。

じっくりと観察し、

独自のコネクションをつくり、

英語のレベルを上げながら、

『それ』が見つかるのを待っているわけです。

 

 

分からないのに、飛び込む感覚こそ「起業家」

 

■これからは、ボクの持つ「日本人らしさ」と、

このあふれんばかりの「アジアのポテンシャル」を活かして、

おもしろいことをやりたいなあと思ってます。

でもそれがなんなのかはまだ分かりません。

わからないのに、こうやって飛び込んじゃう。

この感じが、

「ああ、自分って起業家なんだなあ」

と思う部分です。( ´ ▽ ` )ノ

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.