お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

ボクが「絶対に勝てない」と思っている人の話。


 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

今日も6時起きできました。( ´ ▽ ` )ノ

ちょっと続きそうな予感。

 

 

ボクが絶対に勝てないと思っているヤツ

 

■さて。。。

ボクが同い年で、

「こいつには絶対に叶わない」

と思ってるヤツがいます。

ここ4年くらい会ってませんが、

大学時代の友達です。

 

 

■ボクは大学時代、

広告学研究会に入ってました。

広告研究会って、

名前はあんまりメジャーじゃないんですけど、

学祭でミスコンを企画しているのって、

実は、広告研究会の連中です。

ミスコンだけでなく、

広告作品の制作活動を数百人規模でやってます。

なので以外と大所帯だったりします。

名前は地味なのに。笑

 

 

■当時ボクは僕の大学の副会長のようなポジションで、

対外的な活動はボクが担当だったので、

他の大学の広告研究会の人たちとも、

しょっちゅう遊んでました。

その中の一人で、早稲田の広告研究会の、

会長をやっていた人物H。

彼こそが、ボクが

「こいつには絶対に叶わない」

と思っている人間です。

 

 

■なにがすごいのかというと、

大学4年のときに、高田馬場に、

「夢語りバー」ってのを実際につくっていたこと。

これ、10年以上前の話です。

夢を語ろう!とか、いま流行りですけど、

当時は、「なに言っちゃってるの?」って時代。

夢って、語ってたら、本人語るほど本気になってくじゃん?
聞いてる側もその熱に「アテられて」語り始めちゃったりするじゃん?
それを続けてったら、そのバーを中心に夢が叶ってくんじゃないかなあと思って。

22歳の若造のそのコンセプトに、

実際、お金を融資する人間がいて、

友達からスタッフを募って、やってました。

 

 

■そのバーは他人に任せ、

その後、就職はリクルートと三井に決まり、

彼は商社を選びました。

4年前に会った時、

彼は「タンカーを売ってる」と言ってました。

瀬戸内海のあたりにいる、

地主にタンカーを売るんだそうで、

一隻、数十億円なんだそうです。

 

 

■そんなもん誰が買うの?

と聞いたら、

そういう大きさの船を

たくさん持っている人たちだそう。

普段は、白のおっちゃんタンクトップを着て、

軽トラックに乗って、みかん農園とかやってるそうです。

どう見ても数十億円のタンカーを、

何隻も持っている人たちには見えないそうです。

 

 

■そういう人のところを、

直接訪ねたり、人づてに紹介を頼ったりして、

何ヶ月もかけて信頼関係をつくっていくそうです。

もちろん、数十億円のタンカーですから、

一年に一隻売れれば、それでバッチリ。

そういう類の営業だそうです。

なんだかボクらとは、世界がかけ離れていますよね。(^^;;

 

 

彼の強さの秘密は「勝ち癖」

 

■そういうスケールのやつなので、

なんだか勝てる気がしないのです。

で、彼のすごいところはどこかというと、

「勝ち癖」だなあ、と思うのです。

というのも、昔学生時代に、

一緒にビリヤードをやったことがあるんですね。

スクリーンショット 2016-04-23 13.27.10

 

 

■実はボク、ビリヤードにはけっこう自信がありまして、

「オレ、ビリヤードうまいよ」っていう人と戦っても、

だいたい勝てるんですよね。

もちろん、プロの足元にも及ばないですが、

素人の中ではかなり「やれる」ほうです。

で、ボクはHをビリヤードに誘いました。

ビリヤードなら、なにかにつけてすごい

この男にも、勝てるにちがいないと。

 

 

■彼はこれまでに一回だけやったことがあったそうで、

「オッケーオッケー、教えてあげるよ」

なんて言って。

で、どうなったかというと、

結論、
『負けました』。(^^;;

いや、言い訳させてください。笑

「技術」は全然ボクのほうがうまいんですよ。

全体でとった球の数は、

ボクのほうが全然、多い。

ただ、勝負の分かれ目、大事なところで、

彼の打った球は、吸い込まれるようにポケットに入っちゃうんです。

 

 

■ショックを受けているボクに、

彼が言った一言。

「やっぱり勝ち癖だよね」

ガーン( ̄◇ ̄;)

ボクのこれまでビリヤードに費やした時間を、

「勝ち癖」だけで片付ける男。笑

それじゃあまるでボクが、

「負ける運命にあったみたい」じゃないか、と。笑

でも、最近思うのが、

彼のこの一言、実は深い一言だなあと思うようになりました。

 

 

人間の実力って、

実はそんなに違いません。

ボクシングの世界チャンピオンでも、

その純粋な身体能力だけで比べると、

常人平均の1.6倍程度しかありません。

なんだか何十倍も強い気がするけど、

実はそんなもんなんですね。

 

 

■ビジネスの現場でも同じで、

例えばトップ営業マンと普通の営業マンって、

成績で言ったら何十倍にもなるけど、

純粋な実力だけで比べたら、

せいぜい何割増し程度だと思います。

何割増しの違い程度なのに、

なぜ結果が何十倍も違うのかというと、

「勝ち癖」がついているかどうか、

っていうところなんですよね。

 

 

■勝ち癖があるやつって、

実力で負けていても、

「なんとかなるかも」って思ってるんですよね。

で、実際、

「なんとかなるかも」っていう前提で

物事を見たり、判断したりしているので、

『なんとかなる道筋』を見つけ出すことができてしまう。

「なんとかなるかも」って思ってる段階では、

ただの勘違いなんですけど、

その勘違いを通して物事を見ていることで、

それが現実になっちゃう。

つまり、勝っちゃう。

すると、またその経験を通して、

「あ、やっぱりオレってなんとかなるんだな」

っていう勘違いが強化される。

これが、『勝ち癖』の正体です。

 

 

「勝ち癖」をつけるためには?

 

■じゃあ、どうやったら勝ち癖がつくのか?

昨日、フォローマティックっていう、

自動集客ツールをつくっている、

きったんという人から送られてきたメールに、

こんなことが書いてありました。

 

(きったんメール引用ここから)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
橋口さんはグッピー理論ってご存知ですか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もちろんグッピーはご存知だと思いますが、

今日はグッピーを使った、
とある実験を紹介しようと思います。

グッピーが100匹入った水槽に50匹分の餌を与えると、
50匹が餌にありつける一方で、
残り50匹は餌にありつくことができません。

悪い言い方をすると、勝ち組と負け組に別れちゃうんです。

次に、可哀想なので、
餌にありつけなかった50匹を別の水槽に移すとします。

そこで25匹分の餌を与えるとなんと、
また半分づつ、勝ち組と負け組に別れちゃうんですよ。

さらに、もう一方の勝ち組グッピー50匹にも
25匹分の餌を与えると、
上記と同様に半分ずつ、勝ち組と負け組に別れます。

環境が変わると、戦う相手も違うし、
勝ち負けなんて一瞬で逆転しちゃうんですね。

ここまででも面白い話なんですが、

このグッピーたちをもう一度水槽に戻そうと思います。

でも、ただ戻すだけでは実験の意味が無いので、
ここでもう突っ込んだところまで実験をします。

これでまでで

1)勝ち組の中の勝ち組グッピー
2)勝ち組の中の負け組グッピー
3)負け組の中の勝ち組グッピー
4)負け組の中の負け組グッピー

この4種類の、グッピーに分けられましたが、

2)勝ち組の中の負け組グッピー
3)負け組の中の勝ち組グッピー

これらのグッピーを同じ水槽に入れて、
餌を半分しかあげなかったら何が起きるのでしょうか?

やっぱり順番的に言って
2)のグッピーがエサにありつけるのでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
勝ち組vs負け組
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、結果ですが、
なんと3)負け組の中の勝ち組グッピーが勝ってしまうのです。

文字だけだとちょっと分かりづらいと思いますので
こちらを御覧ください。
⇒ http://smail.omee1.com/l/02sxmU/VXuqCtmd/

僕がこの話を聞いた時は、
まだ全然稼げていない大学生の時だったのですが、

それまでにネットビジネスに対して漠然と抱えていた不安が
頭からすーっとなくなって行くのを感じました。

これはつまり、

「勝ち負けは絶対的なものではない、

敗者でも、成功体験を積み重ねれば、
勝敗はいとも簡単に逆転できる」

ということです。

もしかしたら
「私は負け組だからこの先、何をやっても負け続ける」

そう思ってしまう方もいるかもしれませんが、

成功体験を重ね、

「勝ち癖をつける」ことによって
以前に勝てなかった相手にも見事に勝つことができます。

━━━━━━━━━━━━━━━
(引用ここまで)

 

 

■ね。おもしろくないですか??

つまり、

負けそうな場所からは、

『逃げてもいい』ってことですよね。

勝てそうなところに移動して、

そこで、まず勝つ。

そこから勝ち癖を始めればいいってことです。( ´ ▽ ` )ノ

うーん。

ますます『移動』は、21世紀のキーワードですね。

それでは。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.