お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

頭のいい人は、『相手の立ち位置』から始める。


 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

香港に移動しました。

昨日は高城剛さんオススメの、

担々麺を食べに行ったのですが、

なんとお店がコンセプトを新しくリニューアルしたらしく、

担々麺がなくなってました。ヽ(;▽;)ノ

それがなんと8月1日から。笑

あと3日くらい待ってくれればいいのに、

とか思いつつ。(無理難題。笑)

 

■気分を落ち込ませずに、

せっかく来たのでと思って、

そこで食べたのですが、

これがなんと、めちゃくちゃうまかったのです。

頼んだのは支配人オススメの品。

豆腐を中華風唐揚げに塩胡椒。

これが格別。

青島ビールが進む進む。笑

 

■また中華風チキンクリスピーフライが、

フライなのに中華料理特有の油っぽさがなくって、

これまた絶品。

さらに倍速で青島ビールが減っていったのは、

言うまでもありません。笑

いやいや香港、最高ですね。( ´ ▽ ` )ノ

 

 

電話での道案内、どうすればうまくいく?

 

 

■さて。。。

ボクが大学を卒業して、

最初に就職したのが飲食業界でした。

働いたのは宅配寿司のお店。

全国チェーンの銀のさらで店長をやってました。

当時、アルバイトの新人スタッフが宅配に出ると、

よくかかってくる電話が、

「道に迷っちゃいました」です。

ID-10083810

 

■そういうとき、うまく説明をしないと、

時間通りに宅配ができず、

お客さんからクレームが入ってしまいます。

最初にやらなくてはいけないのは、

いきなり道案内することではありません。

行き先を把握すること
いまどこにいるのかを把握すること

これをしっかりやることが先決です。

これをやらずに道案内しても、

新人君はもっと道に迷ってしまいます。

 

■問題は、「電話で」話しているということです。

電話なので、相手がどこにいるかは見えません。

また、どこに行くべきなのかも、見せてあげることはできません。

そもそも相手は新人なので、周辺の地理に詳しく無い。

こういう悪条件の中で、

『口頭だけで』正しい道を伝えなくてはいけない。

これがとても難しいんですね。

 

 

ダメなセミナー話者は、参加者を迷子にする

 

 

 
■実はこれ、セミナーをやっているときも同じです。

セミナーというのは、

・自分はその分野に詳しい。

参加者はその分野に詳しくない。

という状況でやるものです。

だから参加者は、

「なぜ自分が道に迷っているのか」
「自分がどこにいるのか」

もわかっていないものなんですね。

 

■ダメなセミナー話者は、

こういった、

「自分と参加者の立場の違い」

を分かってません。

そうすると、

×必要な説明が飛んでいたり、
×素人にはわからない専門的な言葉を使ったり、

聞き手は「???」な状況になってしまいます。

道案内で言えば、

「じゃあ言問通りまで戻って、左に曲がって」

なんて状態ですよね。

問題は「言問通りが分からないこと」なのに、

こういう説明になってしまう。

では、どうやったらわかりやすく

道案内をしてあげられるでしょうか??

 

 

まずは、相手の目的地と現在地を知ることから

 

 

■道案内の場合にはまず、

どこに行くのかを聞きます。

これは住所を聞いて、地図を広げれば分かります。

問題は次。

相手の位置を聞くところです。

・新人さんが「なに通り」沿いにいるか
・なにが見えるのか

を聞くのですが、そもそも相手は新人さん。

自分がどこにいるのか、

正確には分かっていないことも

よくあるんですね。

 

■こういうときに大事なのは、

視界に見えるもの

かたっぱしから言ってもらうことです。

・いまセブンイレブンを背にしてて、
・目の前にはスーパーのサミットが見えて、
・左手の少し離れたところにはミスドが見えます

みたいに言われて初めて、

『ああ、いまあの交差点あたりにいるんだな』

ということが分かるんですね。

 

■今からなにかを話さなくてはいけないときは、

まずは「相手の立ち位置」を把握することです。

これを『視点取得(してんしゅとく)』と言います。

「相手の視点を把握する」ということです。

セミナーであれば、

セミナー前に参加者にアンケートをとります。

・なぜこのセミナーに参加しようと思いましたか?
・具体的にどんな悩みがありますか?
・どんな内容を期待していますか?
・特に知りたいことはなんですか?

などなどですね。

 

 

「相手の立ち位置」から始めれば、あなたの道案内はきっと伝わる

 

 

■その上で、

「相手の立ち位置からの道案内」
「相手にもわかる道案内」

をしてあげます。

具体的に言うと、

◎「セブンイレブンを背にして、左手に進んで、2個目の信号を左に曲がって」

という案内です。

これであれば、どんな新人さんでも、

自分がやるべきことが分かります。

 

■また、セミナーではなく、

仮に相手のヒアリングもできない状態だとしましょう。

その場合は、徹底的に、

「相手がどんな位置にいるのか」を

『想定』する必要があります。

社内でのプレゼンにしても、
先日紹介したすべらない話にしても、

聞き手の状況は、

ある程度『想定』ができますよね。

その上で、道案内をしてあげる。

これができれば、

きっとあなたの企画は通るでしょうし、

すべらない話ですべることもないでしょう。笑( ´ ▽ ` )ノ

 

■話し始める前に、

『相手の立ち位置を知る』
『どこがゴールなのかを知る』

ぜひ、やってみてくださいね。( ´ ▽ ` )ノ

 

 

年収5倍アップ!頭のいい『トーク術』セミナー

 

 

セミナータイトルですが、

━━━━━━━━━━━━━━━
年収5倍アップ!
頭のいい『トーク術』セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━

に決めました。

ボクの収入は、会社員時代の5倍になってますが、

今の収入の源泉は、

この『しゃべり』の技術です。

しゃべりがうまいからこそ、自由になれる。

これは間違いない事実です。

ひとり起業で稼いでいる人で、

しゃべりが下手な人はいませんよね。

2年前に「話し方」のセミナーをやったときは、

参加費1万5千円でした。

今回はさらにアップデートした内容で、

価格はたったの3分の1、

5千円で開催です。( ´ ▽ ` )ノ

募集開始は、

8月7日(日)20時から、となります。

追伸2:

5名定員の開催です。

8月19日(金)19時半
8月21日(日)18時
8月22日(月)19時半
8月23日(火)19時半
8月24日(水)19時半

から2時間、渋谷での開催です。( ´ ▽ ` )ノ

手帳に書き込んでおいてくださいね。

定員にどうしても入りたい人は、

メールくださいね。

それでは。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.