お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

売れる覚悟は、どう形成されるのか。


 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

ボクは毎週ジャンプを買ってるんですが、

今週の「ONE PIECE」を読んで、

さっき、カフェでひとりで泣いちゃいました。

ルフィ、アツ過ぎです。

ぜひ、読んでみてください。( ´ ▽ ` )ノ

そしてそのままこのブログを書いてます。笑

 

 

覚悟はどうやって形成されるのか?

 

■さて。。。

おととい出したブログに、

感想のメールをいただきました。

「売れる」=「覚悟」だとしたら、

『覚悟はどうやって形成されるのか』

という質問をいただきました。

id-10063161

 

<ここから>
━━━━━━━━━━━━━━━

トゥモローさん

こんにちは。
○○です。

売れる覚悟の量で収入が決まるというのは、凄い納得しました。

私は会社員ですが、自分に当てはめてみると
自分が会社に提供する時間やスキルに対する覚悟というか
自負心にあわせて報酬が決まるという感じがあります。

仕事にどのくらいの覚悟で向きあっているのかという感じです。

私は最初の会社は中小企業だったこと、
今は外資系企業にいることから
成果やスキルベースで
報酬が決まる環境にいることもあると思います。

大企業で年功序列だと
この感覚は形成されにくいのかなと思いました。

起業されている方わ
私はブログやメルマガを通してしか接していなくても
成功されている方は相応の覚悟がある方なのかなと感じます。

この覚悟ってどう形成されていくものなんでしょうね。

育った環境でしょうか??
もうちょっと深く考えてみようと思います。

p.s.マラソン頑張って下さい^ – ^

━━━━━━━━━━━━━━━
<ここまで>

 

 

■感想ありがとうございます。( ´ ▽ ` )ノ

「覚悟」と「当たり前」ってセットなんですよね。

覚悟が決まってる人というのは、

そうなるのが、当たり前な状態です。

より正確に言うと、

年収1000万円になる覚悟がある人というのは、

よしやってやるぞ!という状況ではありません。

実はそれはまだ、

心の奥底では覚悟ができている状態とは言えません。

『年収1000万円になる覚悟ができている』=

「年収1000万円になるのが、当たり前」という状態の人です。

 

 

■この状態になると、本人にとっては、

当たり前なことを、

当たり前にやっていくことになります。

たとえ周りから見て、すっごくストイックなことでも、

本人にとってはすっごく普通のことだったりします。

なにせ、本人にはそれが、当たり前だから。

 

 

■売れた人を観察すればわかりますが、

売れた人にとっては、

×大変なことを、
×大変な思いをしながらやってません。

◎「当たり前のこと」を、
◎普通にやってる
(他人から見ると、大変なことを、歯を食いしばってやってるように見える)

っていう状態なんですよね。

 

 

■だから、自分が育った家庭環境は

とっても大事だと思います。

良くも悪くも、自分の親の当たり前が、

自分のデフォルトの当たり前になるからです。

貧乏な家からお金持ちになろうとすると、

この『当たり前』を書き換えなきゃいけないわけです。

これ実際、けっこう大変な作業です。

なかなか簡単に書き換わりません。

 

 

『当たり前』を書き換えるためには??

 

■そのための方法で、

よく言われるのは、

「『こうなりたい』と思う人と、一緒にいなさい」

ですよね。

『一緒にいる』というのがポイントで、

セミナーに参加するだけでは不十分です。

それは参加してるんであって、

一緒にいるのではないので。

そういうオンだけではなく、オフのときも含めて、

なるべく長く一緒にいることで、

あなたの「当たり前」が変わってきます。

 

 

■例えば、

・おいしいものを食べたとき、
・めっちゃ楽しい場を共有したとき
なんかはもちろんだし、

・トラブルがあって困ったとき、
・空気の読めない人と場を共有したときのように、
マイナスの状況も、一緒に過ごすこと。

そうすることで、

相手の『当たり前』が見えてきます。

 

 

■とはいえ、お互いスケジュールがありますから、

一緒にいられる時間は限られます。

いられない時間も、

「なりたい人」がしゃべっている音声を聞き続けるとか、

本を読み続けるとか、

とにかく「触れる時間」を長くすることですね。

これが「努力」でできる

『当たり前の変え方』です。

 

 

『当たり前』を許すこと

 

■ただ、そういう「努力」とは別に、

実際に『当たり前が変わる瞬間』というのは、

不意に訪れます。

突然、物事の見え方が、変わる瞬間です。

言葉にするのが難しいのですが、

どこかでふっと、自分で自分に、

「そうなってもいいんだ」と許せた瞬間のことです。

 

 

■この「許せる」っていうのは、

努力でするものじゃありません。

むしろ逆の、

『脱力した瞬間』というか、

『受け入れる瞬間』だと思います。

これを経ると、

当たり前が切り替わります。

 

 

■この受け入れる瞬間の感覚については、

ナリ心理学のナリくんが、

いいことを書いていたので、

Facebookでシェアしました。

それを読んでもらえると、

より理解しやすいと思います。

↓トゥモローのFacebook(今日の朝8時くらいの投稿を見てみてね)
https://www.facebook.com/tomorrow10yen

ついでにフォローしておいてね♪

 

 

■と、ここまで、

覚悟が決まる過程として、

「許す」「努力」の2つを説明しました。

この2つ、両方とも必要なことですが、

順番はどっちでも大丈夫です。

・許したあとに、努力をするのか、
・努力のあとに許せるのかは、

人によるし、タイミングによる、と思います。

 

 

ボクも、「売れる覚悟」をしました。

 

■マラソンも応援ありがとうございます。( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに、今日で4日間連続、

朝ラン(平均6キロ)をやってるんですが、

実は理由は、

「1億円売れる覚悟をしたから」です。

 

 

■今よりも多くの価値を提供するために、

自分と向き合って一日4時間以上アウトプットすると、

どうしても「体力」(純粋にフィジカル的な)が

必要になってくるので。

これは

村上春樹著「職業としての小説家」を

読んだ影響です。

 

 

■35年間

ベストセラー作家を続けている村上さんが、

「小説を書くのは、自分の内面、
より深くに潜っていく作業。

その作業をするのに、
マラソンを普段からできるような、
フィジカルな意味での体力は、欠かせない」

という趣旨のことを言っていたので、

そのまま信じることにしました。笑

 

 

■ボク、走るの大嫌いだったんですが、

売れる覚悟をした瞬間、

朝起きれるようになりました。笑

こういうのが、

「当たり前が変わった」感覚

なんでしょうね。( ´ ▽ ` )ノ

それでは。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.