お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

クイズの答えを発表します。


 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

昨日はチャクラ皇子こと、平野さんと、

現代版『ニルヴァーナ』セミナーを開催

朝から準備、

午後にセミナー、

夜まで懇親会で飲みでした。( ´ ▽ ` )ノ

ご参加いただいたみなさん、

ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

 

 

■今日はこのあと19:30から

『本音ではしご酒』をFacebookライブで配信します♪

一緒に飲むのが、
普通のOL→週末起業→大人気料理教室に→独立

料理家でありながらビジネスセンスばっちりの坂本さんと、

ミッションに生きるU32の会主宰、

キャリアメイキングのプロ、孫田さん

そこにおなじみの阪井さんを加えて、

ヘベレケに飲みながらの配信です。( ´ ▽ ` )ノ

↓Facebookフォローしてくださいね。
https://www.facebook.com/tomorrow10yen

 

 

クイズのご回答、ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

 

■さて。。。

先日出したクイズですが、

なんと39名!もの方に、

回答いただきました。

みなさんありがとうございました。( ´ ▽ ` )ノ

今日は、回答をお送りしますね。

id-10091565

 

 

■その前に、クイズの問題のおさらいです。

夫婦の会話(LINE)の紹介

奥さんはイラストレーターで、

クライアントさんとのやりとりを、

旦那さんに報告してます。

この物語、よくできているのですが、

ひとつだけ間違いがあります。

それはなんでしょう?

というのが、クイズです。

 
<ここから>
━━━━━━━━━━━━━━━

奥さん
「今日新規クライアント様が、
『絵を描いている所を見たい』というので、
実際に見せたところ
『こんなスラスラっと簡単に描いてるんなら
もっと安い金額でいいよね?」と
おっしゃいました」

旦那さん
「wwwwwwwwwwwwww」
「たぶんそのセリフ言いたかったがために
『見せて』って言ったんだろうなwwww」
「で、いくらにまけてくれと?」

奥さん
「1枚2000円」

旦那さん
「wwwwwwwwwww
まじかよ」

奥さん
「で、『その値段だと引き受けてくれる
プロがいないので、
もうご自分でお描きになった方が早いですよ』
とお伝えいたしました」

旦那さん
「うん」

奥さん
「すると『俺は絵が描けない』とおっしゃる」

旦那さん
「うん」

奥さん
「なので、『今は描けなくても、絵は練習すれば
描けるようになりますよ』とお伝えいたしました」

旦那さん
「うん」

奥さん
「するとどうでしょう。
クライアント様はバカを言うなといった
あきれた顔でこう言いました。
『描けるようになるまでどれだけの
時間と労力と金がかかると思ってるんだ?』と」

旦那さん
「なんかこういう童話がありそうだわ」

奥さん
「世界クライアント物語」

━━━━━━━━━━━━━━━
<ここまで>

 

 

皆さんの回答をご紹介

 

■さて、まずは1番多かった回答からご紹介。

『イラストを2000円以下で引き受けてくれるプロは、いる』

という回答で、7人がこう回答してくれました。

=============

◎1枚2000円でも引き受けてくれる人はいる。
プロの基準がわかりませんが..!

=============

◎お金をもらって仕事をするのが「プロ」だとすると、
2000円払えばイラストを描いてくれる人は、たくさんいます。
例えば、「ココナラ」というサイトでは、500円から描いてもらえます。

=============

◎「その値段で引き受けてくれるプロはいない…」
という奥さんの回答が間違っている。

世の中には探せば格安で仕事をしてくれる人がいます。
例えば、ココナラとかです。

=============

 

 

■この回答は、不正解です。残念!!

たしかに情報としては合ってるんですが、

出題意図は、「起業家としての思考訓練」でしたよね。

(ココナラなどを)知っているか知らないか、

というのは訓練にならないので、

このクイズの回答としては、不正解です。

 

 

■2番目に多かったのは、

『クライアントに対する対応が、起業家としてダメ』

というものでした。

==============

◎「もうご自分でお描きになった方が早いですよ」と
クライアントさまに言ってしまった事が間違いだと
思いました。

==============

◎自分に描けないから、描ける人にお金をかけて
その価値と時間を買うのであって、描けないから頼んでるんだろ。
と開き直るのが間違え。

==============

◎一見、間違いはなさそうに見えますが、
「自分で描けばいい」と言ったところではないかと思います。
提供側は腹が立つかもしれませんが、
自分で描けばいいと言うと何も生産性がなく、
起業家としては何も貢献できてないように思えます。

==============

 

 

■この回答も、不正解です。残念!!

これは起業家の中でも意見は分かれますが、

「自分が役に立てない相手とは、そもそも取引しない」
「お客がこちらを選ぶのではなく、こちらがお客を選ぶんだ」

というスタイルでビジネスをすることは、

間違っているわけではありません。

(神田昌典さんが提唱した「殿様セールス」ってやつですね)

上記の回答ももちろん、

間違ってはいませんし、

むしろ『誠実』ないい態度だとも思いますが、

そこがポイントではありません。

なので、不正解!!

 

 

■ということで、そろそろ正解の発表ですが、、、
その前に。

いくつかおもしろい回答があったので、

ご紹介。笑

==============

そもそもこの人は、、、
新規クライアントではありませんww

==============

いやいやっ!!

この問題、

「とんち問題」じゃないから!!Σ(゚д゚lll)

びっくりしたー。

一休さんから返事来たかと思った。笑

 

 

■もうひとつ。

=============

ざっと、内容を読んで感じたのは最後の物語のタイトル
『世界クライアント物語』の、奥様のセリフです。
どう違うのか、うまく言えませんが
「ほかにもっと、しっくりくるタイトルがあるはず!」と感じました。
いかがでしょう?

=============

そ、そこーーー~~っ!?!?Σ(゚д゚lll)

もしこれが正解だったら、

このブログ、

学びなさ過ぎじゃないですか!?笑

 

 

正解は、これです( ´ ▽ ` )ノ

 

■ということで、正解発表です。

正解は、

━━━━━━━━━━━━━━━
『価格は、技術習得のためにかけた時間では決まらない』
━━━━━━━━━━━━━━━

でした。

奥さんは、この会話で、

「イラストを描くのにかかった時間じゃなくって、
習得するのにかかった時間にお金を支払うべきだ」

という趣旨の主張をしてますよね。

(まあ、はっきりとは言ってませんが、
話の流れから考えると、そう言ってます)

 

 

■でも、この主張は間違いです。

もしも習得にかかった時間や、

難易度によって、

お金が支払われるのだとしたら、

家でずーっとゲームをやってるニートにも

高額な報酬が、支払われるべきってことになっちゃいます。

(彼らのゲームテクは半端じゃないですから。笑)

それに、

日本の数々の伝統工芸は、

後継者問題には見舞われないはずです。

金銭的に報われるわけですから。

 

 

■だから、習得の難易度を挙げて、

割引のオファーに対抗するのは、

主張としては、間違っていますね。

正解は2名いらっしゃいました。

 

↓この2つ。
==============

◎問題考えてみました。
自分の違和感はここ。

そもそも技術を習得するのに時間とお金がかかることを知っている人は、
バカみたいな値切はしてこないと思うのです。

それはお客様にとっての価値であり
売る側と買う側の値段の均衡が取れてないのかもしれません。

それでイラストレーターさんの売り上げが成り立ってればいいのですが、
それほどの価値のないイラストは、
景気が下向きになったときにヤバイかもしれませんね。

==============

◎間違いというか・・、

こんなスラスラっと簡単に描いてるんならもっと安い金額でいいよね?』
「簡単=安い」 って発想がよくわかりません・・
(何でも、工数で見積もりを出させようとする、うちのクライアントみたいですが・・笑)

リンク先のピカソの逸話の意味もなんかよくわかりませんね・・
ピカソの絵はピカソの絵だから価値があるってだけじゃないかと・

30年とかに何の付加価値があるのか・・

==============

 

 

■ということで、正解者は、

吉原潤一さんと、境理絵ちゃんでした!!

あとでなんか

「いいもの」を送りますね。( ´ ▽ ` )ノ

ご参加いただいたみなさん、

ありがとうございました♪

 

 

■ここまで読んだ方は当然、

「じゃあ価格って、どうやって決まるんだろう?」

と疑問に思うはずです。

・かけた時間ではない
・習得した時間ではない

時間によって決まるんでないとしたら、

なにによって価格が決まるんでしょう??

どう思います?

明日に続きます。( ´ ▽ ` )ノ

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.