お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

差別化していくと、売上が、先細りになる理由。


 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

マニラに移動してきました。( ´ ▽ ` )ノ

やっぱり南国はいいっすね~。

あったかい!!(≧∇≦)

冬はやっぱり、日本から出るのがいいですね~。

 

 

■あ、そうそう。

昨日、Facebookに投稿したんですが、

クリスマスパーティをやりたいと思ってます。

題して、

「みんなでおしゃれして、おいしいもの食べて、
いっぱい笑うクリスマスパーティ」。

この3つをやると、

バイブレーション(振動数)が上がる、

って斉藤一人さんが言ってるのをYouTubeで聞いて、

「それ、いいな」と思って。笑

日程は12月17日(土)か、12月18日(日)の、

どちらかになると思います。

 

 

■手伝ってもいいよ~って人、

メールご返信くださいませ。( ´ ▽ ` )ノ

パーティ系は、ずっと避けてきたので、

勝手がわからないっす。

なにしろ、人見知りなボク。

ボク一人じゃなんもできない。笑ヽ(;▽;)ノ

もちろん、参加するだけでもオッケーなので、

参加したい、って方、

詳細を待っててくださいね。( ´ ▽ ` )ノ

 

 

「差別化」の限界

 

■さて。。。

先日、このブログで音声を

ご紹介してます。

話しているのは、要は、

『一風変わった、差別化』の話です。

id-100368315

 

 

■普通は、差別化というと、

「より細かくしていく」作業です。

コーチングができる人だったら、

・起業したい人専門のコーチング
・恋愛専門のコーチング
・エグゼクティブ専門のコーチング

のように、

「対象」「ニーズ」を絞り込むことで、

「他とは違うんだ」という見せ方をする。

「コーチング」やってる人だったらいっぱいいるけど、

「起業専門のコーチング」なら、ライバルがいない、

というわけですね。

これがいわゆるマーケティング用語で言うところの、

「差別化」というものです。

 

 

■他にも、

「場所で絞る」という方法もあります。

日本一の顧客満足度!と言えないなら、

千葉県一の顧客満足度!とは言えないか?

それも難しければ、

市川市でナンバーワンの顧客満足度と言えないか?

という形です。

マーケティング用語で言うところの、

「差別化」というのは、

『絞る』ことです。

 

 

「差別化」の問題点

 

■ただし、これには問題が2つあって、

・「絞る」=市場規模が小さくなっていく、

ということと、

・条件が細かすぎて、全員同じように見えて来る

ということです。

上記の例で言うと、

「コーチング」という仕事の認知がなかった頃なら、

・起業したい人専門のコーチング
・恋愛に一歩踏み出したい人専門のコーチング
・エグゼクティブ専門のコーチング

という程度の絞り込みで良かったです。

しかし、コーチングができる人が増えれば増えるほど、

絞り込んでも、ライバルはたくさんいます。

 

 

■そこでみんなが思いつくのは、

「もっと絞り込もう」という、考えです。

「起業したい人」ではなくて、

「20代で起業したい人」だとか、
「女性で起業したい人」だとか、
「セミナービジネスで起業したい人」だとかです。

しかしこれでもまた、

ライバルが増えていきます。

するとさらに細かく絞り込みます。

「20代ママで、セミナービジネスで起業したい人」とかね。

 

 

■こういうふうに、

「条件」が細くなればなるほど、

『市場が小さくなっていく』ということです。

また、なんとなーく似たような人も増えていきます。

「20代ママで、セミナービジネスで起業したい人」

と、

「30代ママで、コーチングで起業したい人」
「30代独身で、セミナービジネスで起業したい人」

とかって、それほど印象が変わらないでしょ?

 

 

■こういう状態に入っていくと、

「コモディティ化」が起こっていきます。

お客さんから見ると、

「違いがわからない」から、

買いやすさだとか、

価格が安いだとかいう理由で、

選ばれるようになる状態のことです。

つまり、価格競争状態、

もしくは一生懸命セールスをしなきゃいけない状態。

 

 

■個人ビジネスで、この

「価格が安いから申し込んでもらってる」

と言う状態は、致命的です。

もしもあなたが、

5000円のセミナーしか開催できないとしたら、

月に60名新たに集客をして、

やっと30万円です。

毎月60名の集客って、

めちゃくちゃしんどいですからね。((((;゚Д゚)))))))

それだけやって、たったの30万円ですから、

正直、厳しいです。

この程度の売上しか立たないなら、

正直、会社員やってたほうがいいと思います。

(人生設計的に、の話ですよ)

 

 

トゥモローが売上を伸ばし続けている理由

 

■ボクはこれまで、

いわゆる

「絞り込み」という戦略はとってません。

これまでやったセミナーの内容は、

「起業SNSマーケティング」
「転売ビジネス」
「哲学と西洋史」
「ニルヴァーナ(悟りの境地)セミナー」
「知性を鍛えるクラス」
「『話し方』セミナー」

などなど。

 

 

■普通、こんなふうにフラフラと、

いろんなものを扱っていると、

「なにをやってるのかわからない」わけですから、

売上なんてまともに立ちません。

にもかかわらず、7年連続、

毎年、売上平均130%アップ。

書いているメルマガはこのメールくらい。笑

広告費もかけたことがありません。

 

 

■ではなぜボクは、

差別化(=絞り込み)をしてないのに、

「トゥモローさんは、他の人とは違う」
「トゥモローさんだから、参加しました」

と言っていただけるんでしょうか。

その「からくり」をお話ししたのが、

先日からお送りしている音声です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━
◎音声プレゼント:
『たくさんいる起業女子の中で、
「あなただから」と言われるには(30分)』
↓こちらをクリック
http://abbgh.biz/brd/archives/civhvp.html
━━━━━━━━━━━━━━━

我ながら、いいこと言ってるなあ、

という内容になっているので、笑

ぜひ聞いてみてくださいね。( ´ ▽ ` )ノ

 

 

是非シェアをよろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ

 

追伸:

音声を聴いて「良かった!」という人、

ぜひこのURLをクリックして、

Facebookでこの投稿をシェアしてくださいませ。

https://www.facebook.com/tomorrow10yen/posts/1151016378318021

たくさんの起業女子に聞いてもらいたいです( ´ ▽ ` )ノ

それでは。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.