お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

ちょっと失礼だよ、と言われました。


 

 

■こんにちは。トゥモさんこと、橋口友比古です。

引き続き、バルセロナにいます。

天気予報では雨だったのですが、

「明日は絶対に晴れるから」

と言っていたら、

本当に雲ひとつない晴天になりました。笑

こういうところ、

ボクは本当に運がいいですよね。笑

 

 

バルセロナの朝、ボクが感じたこと

 

 

■こちらは朝の10時です。

バルセロナの中心地、

カタルーニャ広場の近くで、

朝食をとりました。

ライ麦をブレンドしたトーストに、

自家製のジャムをつけて食べるのですが、

これが。

もうね。

本当に、言葉にできないくらいおいしかったです。

 

 

■ボクがいまいるお店は、

「NORTE」というお店なんですが、

地元の人が多く、朝は常に満席。

みんなクロワッサンやオムレツを頬張りながら、

新聞を読んでいます。

お店には顔見知りが多いようで、

会社に行く前のサラリーマンが、

お互いに朝の挨拶を交わしています。

見ていると、日本の朝のような、

どんよりとした低血圧気味の雰囲気とは程遠く

みなそれぞれに
「こんなにおいしい朝食を食べられるなんて幸せだ」

という雰囲気です。

なんというか、活力を感じるんですよね。

バルセロナ、本当にいい街です。

 

 

言葉に表れる、ボクたち日本人の文化

 

 

■さて。

旅をしていて思うのは、

言語の違いは、文化の違い

というところです。

 

10273743_631089903644007_5517909480547220472_n

 

日本の文化というのは、

非常にファジーで、白黒つけない、

よく言えば、「奥ゆかしさ」。

悪く言えば、「曖昧でなにが言いたのかわからない」

という文化を持っています。

 

 

■例えば、飛行機にのるときに、

奥さんに
できれば、一番前の席にしてくれない?

って、英語で言うなら、

「Can I sit front seat, if you can?」

でいいの?

と聞いたら、

それは失礼だよ、と言われました。笑

というのも、

海外では、主張をするのが当たり前。

「If you can」をつけると、

あなたの能力で、できるなら

みたいなニュアンスになってしまう。

それじゃちょっと失礼だよ。

それはつけずに、

お願いだけすればいいんだよ、と。

これ、おもしろい違いですよね。

 

 

■でも、ボクら日本人は、

「できれば」とか「ご迷惑じゃなければ」とか、

配慮の言葉をつけたいですよね。

こういうファジーな部分。

これは、とても日本的なわけです。

西洋文化の中では、

お願いするのか、しないのか。

非常に、二元論的な発想しかないわけです。

 

 

■日本人は、その性質として、

常に
自分よりも優れた文化がある

と信じている文化です。

だから、戦後、西洋の近代化思考を、

従順に理解し、それをより高みに導き、

奇跡的な復興ができたわけです。

だから、自分たちの文化を、

「はっきりしない」
「主張ができない」

ダメな民族だ、と考えがちなわけです。

しかし、白黒つけないのって、

そんなに悪いことでしょうか。

「できれば」

なんて言葉で相手を気遣えるのって、

とってもステキなことだと

ボクは個人的に、

思っているんですけどね。

 

 

ビジネスにおいて、理解しておきたい大切なこと

 

 

■なんでこんなことを言っているのかというと、

ボクは、ビジネスにおいて、

自分が無意識に持っている価値観

をなるべくたくさん見つけて、

理解しておく必要がある

思っているからです。

上記の違いひとつで、

自分が持っている無意識の価値観が、

ひとつ解明できるわけです。

これを

『無意識の意識化』

というわけですが、

これとても大事です。

 

 

■ビジネスというのは、

究極まで抽象化すると、

自己理解」と「他者理解」、

そしてその「ギャップの演出」です。

自分や自分の相手にしている人たちの、

価値観をより多面的に理解している人が、

本質的なビジネスを展開できます。

本質的な収入構築、

信用構築をしたければ、

とにもかくにも、

人間を理解すること

です。

 

 

■そのために、

自分と違う文化の人と接する

というのは、非常に使える戦術です。

歴史を学ぶのも同じです。

歴史上、いまと同じ価値観を持っていた人はいません。

つまり、過去の人は、

全員が異文化の人です。

自分を理解するために、

歴史を学ぶ。
外国語を学ぶ。

ビジネスというのは、

直接の関係がない、

こういう部分の素養で、

差がつくのです。( ´ ▽ ` )ノ

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.