お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

○○を意識しない人は、人間として死んでいる。 


 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

昨日は

木坂健宣さんのセミナーに参加していました。

『インプットクラス』というセミナーで、

各自課題の本を読み、

あらかじめ設定された

問題(質問)への答えを準備し、

当日、それぞれに発表・ディスカッションをします。

 

 

■たったの10名程度の参加者が、

やたらとレベルが高い。(^^;;

全員、

年収1000万円を超えていますし、

なかには年収2億円プレイヤーもいて、

「さすが木坂さんのセミナーだな(^^;;」

という感じです。笑

 

 

■で、今日はこのセミナーで課題になっている、

オルテガ著
「大衆の反逆」

という本の内容の中に、

とても勉強になった記述があったので、

みなさんにシェアしたいな、

と思います。( ´ ▽ ` )ノ

ID-100282827

 

 

 

 

 

「世界が広がった」経験、ありますか?

 

 

 

 

■みなさんは、

「世界が広がった」

瞬間を経験したことはありますか??

既成概念が壊れた瞬間

といってもいいですし、

「アハ体験」
「世界が変わる」
「パラダイムシフト」

なんて言い方をされることもあります。

 

 

■世界が広がった瞬間というのは、

文字通り自分の世界が広がった瞬間であり、

それまで当たり前にしていた自分のフィールドが、

突如して大きくなる瞬間です。

それまでとは世界の見え方が全く変わり

それまで、そこにあることに気づいてすらいなかった壁が取り払われ、

視界が開ける瞬間です。

「人間の器」とは、

この
『「世界が広がった」という経験を、どれだけしてきたか』

だということができると思います。

 

 

■では、

ここで言う
『世界』って、一体なんでしょう?」

というのが、このメールでお伝えしたい問いです。

「世界を広げろ」と言われた時に、

それは具体的になにをさしているのか

ということですね。( ´ ▽ ` )ノ

これがわかれば、

人生の大きな指針にできると思うのです。

ここから先は、

オルテガが書いている内容を、

噛み砕いてご紹介しますね。

 

 

 

 

世界は「可能性」の集積である。

 

 

 

 

■オルテガ曰く、

「世界とは、生の可能性の集積である」

だそうです。

一瞬、気が遠くなる人もいると思いますが、笑

わかりやすく解説していきますので、

安心してついてきてください。笑( ´ ▽ ` )ノ

例えば、

18世紀に生きた人と、現代のあなたを考えたとき。

二人は、当時の貨幣価値に照らして同等の資力、

つまり例えば、

「一万円」と「一万円に相当する当時のお金」

を持っているとします。

そのときに、購入可能な商品を、

二人の前に並べたときに、その数は、

どちらが多いでしょう?

 

 

■考えるまでもなく、

圧倒的に「現代のあなた」ですよね。

理由はいっぱりあります。

それは産業の発達のおかげで

同じ商品でも当時より安く買えることもそう、

以前よりもより多くの「売り物」があることもそう、

インターネットなどで場所にとらわれずに買い物ができることもそう。

あらゆる理由のおかげで、

ボクらのほうが選択肢(=可能性)が多いわけです。

 

 

■過去のどの時代の人々よりも、

現代のボクらのほうが、可能性が多い。

これをオルテガは、

「生の増大」と呼んでいます。

LCCに乗って、片道数千円で海外に行けることも、

新聞やインターネットで、世界の裏側の情報を一瞬に手に入れられることも、

先史学や考古学が発達して、過去の膨大な時代をさかのぼれることも、

全てはボクらの

『生を増大させている』(=可能性が広がっている)

と、オルテガは言っているわけです。

 

 

 

 

「自分の可能性」に気づかない人は、人間として生きていない?

 

 

 

 

■そしてオルテガはこう続けます。

「われわれの生とは、
 あらゆる瞬間において、(中略)
 われわれにとっての可能性を『意識する』ことから始まる」

ボクはこの記述に、衝撃を受けました。

つまり、オルテガは

「自分の可能性を意識していない人は、
 生きていない(=死んでいる)」

という意味で、

この記述をしているわけです。

 

 

■これだけあらゆる可能性が広がっているにもかかわらず、

それに気づかず、

ただ自分の

勝手知ったる世界の中に閉じこもり、

同じ毎日を繰り返す人を、

オルテガは

「人間として生きていない」

と言っているわけです。

 

 

■最初に紹介した

「世界とは、生の可能性の集積である」

という言葉は、まさにそういう意味です。

自分が

「自分の可能性として意識できている領域」が、

自分の『世界』なのです。

 

 

 

 

世界を広げたいなら、「可能性」を意識しよう!

 

 

 

 

■原始時代には職業は、

牧者、狩人、戦士、魔術師

くらいしかなかったわけですが、

今では無限に職業を選ぶことができます。

どこか別の場所に行こうと思ったら、

地球上で日本のパスポートで入れない国は、

ほとんどありません。

 

 

■どうでしょう?

ボクが言いたかったのは、

「あなたは自分の可能性を意識していますか?」

ということです。

別にテクノロジーが発達したり、

移動手段が発達したりすることは、

そのことそのものに意味はありません。

あなたがそれらを活用し、

自分の可能性を広げて、
 人間として生きることを選んだときに』

初めて、価値が生まれるんじゃないでしょうか。( ´ ▽ ` )ノ

 

 

■さて。

あなたは、

「今の」あなたの世界の大きさに、

満足できるでしょうか?

まずは、

「可能性を意識すること」

からですよ。( ´ ▽ ` )ノ

実はそれが、あなたの世界が広がる、

瞬間なのです。

 

 

<PR>━━━━━━━━━━━━━━━

可能性を意識したくなった人は、

ぜひ一緒に旅をしに行きましょう( ´ ▽ ` )ノ

早期割引は【明日まで】です。

↓詳細はこちらから確認してください。

━━━━━━━━━━━━━━━
「いい子ちゃん雇われマインドをぶっ壊して
21世紀を思いっきり楽しむ『サバイバルマインド』を手に入れる」
最強地球人塾 マニラ5日間ツアー&セミナー
〜現地集合・現地解散の旅〜

◎詳細はこちらをクリック
http://abzjz.biz/brd/archives/whycdk.html
━━━━━━━━━━━━━━━

それでは。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.