お知らせ:ブログをお引越ししました。


新しいブログはこちらをクリック。( ´ ▽ ` )ノ

ボクらの可能性を広げてくれる、3つのこと。


 

 

■こんにちは。トゥモローこと、橋口友比古です。

東京は、ここ数日とても暖かかったですが、

今日は急に寒いですね。(^^;;

風が半端じゃないです。笑

あ、そうそう。

【最強地球人塾】マニラ5日間ツアー&セミナーの、

早期割引期間が終わりました。

一緒に行きたい!という方は、

お早めに、お申し込みくださいね。( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

あなたの可能性を広げるために、何をすればいいのか?

 

 

 

■さて。。。

昨日はオルテガの本を題材にして、

「人間としての生は、
 自分の可能性を意識したときに始まる」

というお話をしました。( ´ ▽ ` )ノ

実は昨日の投稿は、

数人から直接

「いい文章でした」

というお褒めの言葉をいただき、

けっこううれしかったのです。(o^^o)

 

■今日は、もう一歩突っ込んで、

ボクらの可能性は、

どんな瞬間に増大するのか、

というお話をしたいと思います。

 

ID-100108367

 

要は、

「あなたの可能性を広げるために、
 なにをすればいいのか」

ということについてのお話です。

 

■ちょっとおさらいですが、

オルテガがいうには、

「『世界』は、ボクら生の可能性の集積である」

というお話が昨日のお話でした。

(びみょーにピンと来ない人は、
 昨日の投稿をもう一回読んでみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ)

 

 

 

「生き方の選択肢」を広げるためには、あらゆる可能性を意識すること。

 

 

 

自分の新たな可能性に気づき、

それを意識すると、

それはひとつの『選択肢』になるわけです。

それまでは選択肢には上がってきません。

今日のランチ、どこで食べようかな、

と考えたときに、

自分の知らないお店は、

選択肢にあげられませんよね。

それと一緒で、

あらゆる可能性を意識することで、

「生き方の選択肢」が広がりますよ。

これがオルテガの言うところの、

『生の増大』です。

 

■つまり、

オルテガの言う『世界』とは、

『ボクたちがなりうる姿』

違う言い方をすると、

『生の潜在能力』のことなわけです。

あなたの世界が広がるということは、

あなたの潜在能力が上がる、

ということなのです。

 

■では、どうしたらボクたちの

『生の潜在能力』は、増大するのでしょうか。

潜在能力を増大するために、

必要なことって、なんだと思いますか??

ボクは、大きく分けると、

3つの要素があると思います。

 

 

 

ボクらの可能性を広げてくれる、3つの要因。

 

 

 

■ひとつめは、

『環境要因』です。

これは、自分ではなく、

他人が用意してくれるものです。

昨日も例にあげたとおり、

テクノロジーや、技術・移動手段の進歩、

産業や学問の進歩によって、

ボクらの可能性は増大します。

そういう意味で、

今はこれまでの人類史上、

最も生が増大している、

『オモロイ時代』だと言えます。( ´ ▽ ` )ノ

 

■ふたつめは、

『精密さを身につける』です。

あまりピンとこないかもしれませんが、

ここで言いたいのは、

『内への成長が、外への成長をもたらす』

という話です。

つまりは、ボクがよく言うところの、

「勉強しなさい」という話ですね。笑

 

■この例として、オルテガは、

物理学の2人の巨匠、

ニュートンとアインシュタインを比較しています。

ニュートンはりんごが木から落ちるのをみて、

「万有引力の法則」を見つけたので有名ですね。

(りんごを見て思いついたというのは、
 作り話らしいですけど。笑)

アインシュタインは「相対性理論」と、

ベロを出した写真で有名ですよね。( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

物理学の世界を考えられないほど拡張した「精密さ」

 

 

 

■ほんの数十年前に、

科学は、自らが扱う宇宙的領域を、

常識では考えられないほど拡張しました。

それを成したのはアインシュタインの物理学で、

彼の物理学はあまりにも広大な空間において

展開されています。

あ、ちなみにこういう話、

知らなくっても、大丈夫ですよ。

イメージさえしてもらえれば。

実際、ボクも物理学のことはよくわかりません。笑

意識が遠くなってる人もいると思いますが、笑

下でなるべく分かりやすく解説してるので、

がんばってついてきてくださいね。( ´ ▽ ` )ノ

 
■話を戻して、アインシュタインの話。

オルテガはこう書いています。

彼の物理学が扱う領域は、

ニュートンの旧物理学が、

今やアインシュタイン物理学の中にあって、

ひとつの屋根裏部屋を占めているにすぎないといえるほど、

広い領域を持っている。

で、その理由をオルテガは、

『この外への成長が可能になったのは、
 科学の精確度の増大という、
 内への成長によるのである』

と言っています。

 

■オルテガ曰く、

「アインシュタインの物理学は、
 その前まで重要ではないと思われてないがしろにされ、
 度外視されていた『極微差』を考慮に入れて、
 組み立てられている。」

だそうです。

ボクは昨日の記述に引き続き、

ここでも衝撃を受け、

鳥肌が立つ思いでした。Σ(・□・;)

なぜかというと、

つまりここで書かれているのは、

目の前のものに対する、

より細かい『精密さ』が、

扱える領域を広げる、

ということだからです。

 

 

 

良いリーダーは、問題が小さいうちに対処する。

 

 

 

■わかりやすい例をあげましょう。

例えば、人間関係なんて典型的だと思います。

粗野な人ほど、

目の前の「小さな問題」をないがしろにします

仕事で、

リーダーとメンバーの間に溝が出来始めたとしても、

早い段階で向き合い、対処をすれば、

微調整するだけで問題はなくなります。

問題は最初は小さいものなのです。

しかし、リーダーがその問題(小さな溝)に気付かず、

時間が経ち、溝が大きく、深くなってからでは、

問題を修正するのには、

とても時間と手間が必要になりますよね。

 

すごいリーダーとは、

大きな問題を解決できる人ではなく、

問題が小さいうちに、

気づくことができる人なのです。

しかし、『精密さ』がない、粗野な人は、

小さい問題を、見つけることができません。

問題が起こる「兆候」に気付けない。

もしくは、気づいても見て見ぬ振りをしてしまう。

そのことで、最初は些細だった問題が、

非常に大きく、深く広がり、

決定的にどうしようもないものに、

なるわけです。

「神は細部に宿る」
「一事が万事」

なんて言いますが、

まさにそういうことなのです。

 
■物理学で起こったことも、

まさにこういうことだと思います。

誰もが気にしていなかった

『極微差』を問題にしたアインシュタインは、

それを踏まえた理論を確立し、

結果的に、物理学の領域を広げた。

これが、オルテガが、

『内への成長が、外への成長をもたらす』

と言っている理由です。

以上、

◎『精密さを身につける』というのが、

ボクらの可能性を増やす、

ふたつめの要因です。

 

 

 

「経験」が意識できる可能性を広げてくれる。

 

 

 

■そして3つめが、

『経験をする』ということです。

例えば、ボクのクライアントに、

8ヶ月かけて、世界一周の旅をしてきた

女の子がいるのですが、

彼女は、やはり単純に、『世界が広い』です。

今この瞬間に、

世界各国、あらゆる国の、あらゆる文化が、

その土地特有の仕方で時を刻んでいる、

という体感覚があるわけです。

これは、日本にしかいたことがない人よりも、

圧倒的に有利です。

『意識できる可能性』のサンプル数が、

多いわけですから。

 

■これは旅だけではありません。

それまでは普通の立場だったのに、

初めてリーダーをやってみるのもいいでしょう。

転職して全然違う業界に行くのもいいでしょう。

新しく習い事をしてみるのもいいでしょうし、

サラリーマンをやりながら、

副業で新しいことを始めるのもいいでしょう。

なんにせよ、あなたがこれからする経験は、

その後の人生を送る上で、

すべてが、

「『意識できる可能性』のサンプル数」

となって、あなたの人生を

より良いものにしてくれます。( ´ ▽ ` )ノ

 

■とにもかくにも。

自分の可能性を意識する。

そして、自分の可能性を広げることに、

時間と意識を割く。

ぜひ、やってみてくださいね\(^o^)/

 

 

 

一緒に旅をしましょう!!

 

 

 

■もちろん、

「世界ノマド2人と一緒に旅をする」

のも、圧倒的にあなたの可能性を、

広げてくれる経験です!

「行きたい!」という人は、

お早めにお申し込みしてくださいね。( ´ ▽ ` )ノ

詳細はこちらから確認してください。

━━━━━━━━━━━━━━━
「いい子ちゃん雇われマインドをぶっ壊して
21世紀を思いっきり楽しむ『サバイバルマインド』を手に入れる」
最強地球人塾 マニラ5日間ツアー&セミナー
〜現地集合・現地解散の旅〜

◎詳細はこちらをクリック
http://abzjz.biz/brd/archives/whycdk.html
━━━━━━━━━━━━━━━

それでは。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.